Scrumy

Scrumy
TopAbout usServiceDocumentsNewsRecruitMediaPrivacy Policy

©︎ 2021-2023 Scrumy Inc. All Rights Reserved

Scrumy

Top

Privacy-Policy

©︎ 2021-2023 Scrumy Inc. All Rights Reserved

Scrumy Media

Scrumy
TopAbout usNewsRecruitMediaPrivacy Policy
Contact

©︎ 2021 Scrumy. All Rights Reserved

Scrumy Media

公的な文書や最新の文献に基づき、サステナビリティに関する最新情報をお届けします

目次
[閉じる]

1.カーボンクレジットとは

2.カーボンクレジットの種類

3.カーボンクレジット市場の仕組み

4.クレジット取引の仕組み

1.2つの主要な市場:コンプライアンスとボランタリー

2.取引のプロセス

3.取引所の役割

4.取引の有効性

5.誤解と問題点

1.市場の課題と批判

6.効果と有効性

1.カーボンクレジットの環境への影響

2.有効性の評価と今後の展望

7.まとめ

関連記事

アイキャッチ

【サーキュラーエコノミー】環境と経済の調和を完全解説!

ホーム > サステナブル経営 > 【カーボンクレジット市場とは?】気候変動対策の新たな潮流とその実態を解明!

【カーボンクレジット市場とは?】気候変動対策の新たな潮流とその実態を解明!

2023.12.09

近年、地球温暖化とその影響に対する懸念が高まる中、国際社会は温室効果ガス排出量の削減を目指しています。この環境問題に取り組む重要な手段として、カーボンニュートラルへの移行が推進されています。 カーボンニュートラルとは、人間活動による二酸化炭素排出量を減らし、残った排出量を森林などの自然の吸収源や技術的手段で相殺し、実質的な二酸化炭素排出ゼロを目指すことです。 カーボンクレジット市場は、この目標達成の一環として誕生しました。2023年10月に東京証券取引所で開設されたこの市場は、環境保全と経済成長の両立をどのように可能にするのでしょうか?この記事では、カーボンクレジット市場の仕組み、その利点、そして直面している課題について探求していきます。

カーボンクレジットとは

カーボンクレジットは、文字通り「炭素排出許可証」です。これは、大気中から炭素を取り除く、あるいは排出を防ぐ行動によって、二酸化炭素換算で1トンごとに1クレジットが発行される仕組みを指します。企業は、自社の脱炭素目標達成のため、炭素の除去や排出削減に取り組む他の企業からクレジットを購入できます。

カーボンクレジットの種類

カーボンクレジットには、以下の4つの主な種類があります:
  • 森林・土地利用クレジット: これらのクレジットは、森林の再生や保護、土地利用方法の変更を通じて、大気中の二酸化炭素を減少させる取り組みから発生します。農地や土地所有者は、吸収した温室効果ガス量に基づきクレジットを発行・売却できます。
  • 再生可能エネルギークレジット: 化石燃料を使用した発電から風力・太陽光・水力などの再生可能エネルギーを使用した発電へ切り替え、利用することにより、削減された二酸化炭素排出量がクレジットとして扱われます。これらのクレジットは、再生可能エネルギー由来の電力を使用したことを表します。
  • CO2の回収・貯蔵クレジット: このクレジットは、排出源から炭素を回収し地中に埋めて隔離するなどの方法で発行されます。このプロセスにより、大気中の二酸化炭素がダイレクトに減少させることができます。
  • エネルギー効率向上クレジット: 省エネによって温室効果ガスの排出を防ぐことができれば、その削減量に応じてクレジットが発行されます。

カーボンクレジット市場の仕組み

カーボンクレジット市場は、温室効果ガス排出量の削減を促進するために設計されたシステムで、排出量の削減や炭素吸収を促進し、環境への影響を最小限に抑えることを目指しています。この市場は、脱炭素化への移行を加速させる重要な役割を担っており、企業や個人が環境保護に積極的に貢献するためのプラットフォームとなっています。

クレジット取引の仕組み

カーボンクレジット市場では、企業や個人が排出削減に対してクレジットを購入・売却することができます。炭素排出の「許可証」とも言えるカーボンクレジットの取引を通じて、排出量の相殺や削減を促進するものです。排出量を減らした企業は余剰クレジットを売却し、排出量が多い企業はこれを購入して自社の排出量を相殺します。

2つの主要な市場:コンプライアンスとボランタリー

カーボンクレジット市場には、コンプライアンス市場とボランタリー市場の二つの顔があります。
  • コンプライアンス市場: 法的義務に基づいて企業に排出上限が課されます。これを超える場合は市場でクレジットを購入する必要があり、温室効果ガスの排出を規制する厳しい枠組みが特徴です。
  • ボランタリー市場: 企業や個人が自主的に排出削減に取り組みます。ここでは、環境保護への意識が高い企業や個人が、自発的にクレジットを購入・売却することが可能です。

取引のプロセス

  • クレジットの購入: 企業や個人は、排出削減を達成した他の企業からカーボンクレジットを購入します。これにより、排出削減の責任を共有し、環境負荷を軽減します。
  • クレジットの売却: 環境に配慮したプロジェクトを実施する企業は、その成果をカーボンクレジットとして売却できます。これにより、環境保全活動が経済的な報酬をもたらす構造を作り出します。

取引所の役割

取引所は、カーボンクレジットの売買を仲介し、取引の透明性と効率性を保証する重要な役割を果たします。取引所では、クレジットの価格、量、品質などが公開され、参加者はこれらの情報に基づいて取引を行います。

取引の有効性

カーボンクレジット市場の取引は、企業が環境目標に合わせて自らの排出量を調整するための効果的な手段となります。また、取引所を通じたシステムは、市場の透明性と信頼性を高め、より効率的で公平な取引を可能にします。

誤解と問題点

カーボンクレジット市場は、気候変動対策の一環として重要な役割を果たしていますが、「救世主」と見なすことは誤解です。カーボンクレジットは脱炭素化への移行を補助する手段であり、企業や国が直面する排出削減の課題を完全に解決するものではありません。実際、科学的根拠に基づく目標イニシアチブ(SBTi)では、排出量を90〜95%削減した後にクレジットの利用を推奨しており、これは「最終手段」として位置づけられています。

市場の課題と批判

  • 品質の保証の難しさ: カーボンクレジットの品質保証は簡単なことではありません。排出量削減が実際に達成されたか、その効果が持続的かどうか、また他の地域への排出量の移動(漏えい)のリスクはないかという点が問題です。
  • 二重計上のリスク: カーボンクレジット市場には、共通の登録場所が存在しないため、同じクレジットが二重に販売される可能性があります。これにより、市場の信頼性が損なわれる恐れがあります。
  • 取引場所の問題: コンプライアンス市場では政府がカーボンクレジットの売買を仲介する一方で、ボランタリー市場では第三者機関や取引所が役割を担います。しかし、ボランタリー市場の規則の不備や不透明性が残ることから、排出削減策としての適正に疑問が投げかけられています。
  • 有効性の限界: カーボンクレジットの使用は、省エネの実施や再生可能エネルギーへの切り替えなど、直接的な脱炭素の取り組みと比較すると効果的ではないという批判があります。これは、カーボンクレジットの使用が、より根本的な環境改善策の代替手段として利用されるべきではないことを示唆しています。

効果と有効性

カーボンクレジットの環境への影響

カーボンクレジットは、企業や国が排出削減の目標を達成するための有力なツールとして機能しています。特に、森林保護や再生可能エネルギー源への投資など、環境に対して直接的なポジティブな影響をもたらすプロジェクトに関連して発行されるクレジットは、地球温暖化の緩和に貢献しています。これにより、CO2の回収・貯蔵やエネルギー効率の向上など、さまざまな環境改善活動が促進されています。

有効性の評価と今後の展望

カーボンクレジット市場の有効性は、その設計と運用に依存しています。コンプライアンス市場では、排出量取引制度に基づくクレジットの売買が行われ、これが排出削減の実効性を高めることに一定の役割を果たしています。一方で、ボランタリー市場は、脱炭素化プロジェクトの資金源として機能するものの、省エネの実施や再生可能エネルギーへの切り替えなど、より直接的な環境改善策と比較すると効果は限定的であるとの指摘もあります。
今後の展望として、カーボンクレジット市場の透明性と信頼性を高めるための改善が求められています。品質の保証、二重計上の防止、取引場所の信頼性などの問題を解決し、市場の効果を最大化することが重要です。また、カーボンクレジットは排出削減の「最終手段」として、より包括的な脱炭素戦略の一部として活用されるべきであるという考え方が、より広く受け入れられることが期待されます。

まとめ

  • カーボンクレジット市場は、カーボンニュートラルと脱炭素化を後押しするために設計された取引プラットフォームです。この市場の核となるカーボンクレジットは、大気から炭素を取り除く活動や排出を防ぐ行為に対して発行される「炭素排出許可証」であり、森林・土地利用、再生可能エネルギー、CO2の回収・貯蔵、エネルギー効率向上など、さまざまな形での炭素削減努力に対して付与されます。これらのクレジットは、環境保全と温室効果ガス削減に対する具体的な貢献を示す重要な指標となっています。
  • 市場はコンプライアンス市場(法的義務に基づく)とボランタリー市場(自主的な取り組みに基づく)の2つのセグメントから成り立っています。企業や個人は、環境保護目的で排出量削減に対してクレジットを購入・売却し、排出量の相殺や削減を促進します。取引所は、カーボンクレジットの売買を仲介し、市場の透明性と効率性を確保します。
  • カーボンクレジット市場は、気候変動対策の一環として重要ですが、これを「救世主」と見なすのは誤解です。実際には、カーボンクレジットは包括的な脱炭素化計画の一部として機能し、環境への直接的なポジティブな影響を提供します。特に、森林保護や再生可能エネルギー源への投資に関連するクレジットは地球温暖化緩和に貢献しています。しかし、市場は品質保証の難しさや二重計上のリスク、取引場所の問題など、複数の課題を抱えており、これらの問題に対処することが今後の展望となっています。

執筆者

笹埜 健斗(株式会社Scrumy代表取締役会長, 慶應義塾大学サステナビリティ総合研究所所長)

●経歴

国際哲学オリンピック金メダリスト、京都大学法学部、東京大学大学院情報学環・学際情報学府を経て、各業界の最高サステナビリティ責任者やSDGs戦略顧問を歴任。現在、SDGsを経営や教育に応用するための「サステナビリティ学」の第一人者として、持続可能な社会の実現に向けた共同研究やChatGPTを活用したプロンプトエンジニアリング等の技術開発をリードする。

今後、サステナビリティ推進担当、サステナビリティコンサルティング等

への転職を考えている個人様や

サステナビリティ・ESG・SDGs関係の法人担当者様向けに

有益な情報発信、動画販売、アドバイザリーを展開しております

個人向け動画教材はこちらから

法人様向けの資料ダウンロードは

以下のフォームからお願いいたします

資料内容の一部紹介

・Scrumyの概要紹介

・Scrumyのサービス内容について

・研修会のサンプル資料

必須

必須

必須

必須

プライバシーポリシー
お問い合わせはこちら

シェアする

タイトルとURLコピーしました

Twitterfacebook

必須

必須

必須